事業資金 借り入れ ビジネスローン


事業資金の借り入れのポイントは?
銀行や公的資金だけでは実現できない
柔軟な対応が可能なビジネスローンと
そのメリットについて解説しています。

銀行から事業資金の借り入れをする際に必要な書類

銀行からの資金の借り入れには審査を通過することが融資の最低条件ですが、それは事業資金の借り入れにおいても同様です。融資の審査を通過するには書類の提出を求められますが、それら必要書類は事前に準備を整えておけば、審査をスムーズに進められるでしょう。。引用元:ビジネスローン即日融資で至急の事業資金借入<来店不要>急ぎ

それでは審査に必要な書類を確認していきましょう。

まずは決算書の写しです。決算書は3期分ほど求められるのが普通です。これは審査において最も重要な書類で、企業の経営成績と財政状態を審査されます。税務申告のための節税のためなどで、利益を少なくするように経営成績を控えめに作成している場合では、不利に働く場合があり、節税対策で少なめに利益を表示させましたなどといういいわけは通用しません

次に借入申込書です。融資条件、資金使途、業績見通しなどを記載します。融資の希望を伝えるための大事な書類ですので、正確に記載する必要があります。事業資金借入.net

そして試算表です。決算期後何ヶ月か経過している場合に求められます。直近までの会計処理を済ませて置く必要があるので、まめに会計処理を行っていない企業には、書類作成に準備と時間を要するため、負担に感じるかもしれません。

その他、借入残高表、資金繰り表、返済計画表、設備などの見積書、連帯保証人の明細、納税証明書、印鑑証明書、商業登記簿謄本など、様々な書類が必要です。

銀行からの融資は、このように準備する書類がとても多く、事務能力が必要です。そのため、敷居が高いと感じたられるかもしれません。

これらの書類を元に、厳しい審査がなされ、基準を満たした場合に融資の可否が決定されます。決定までは少々時間を要しますので、融資を申請する際には、必要となるまで少々の猶予がなければスケジュール的にも厳しいものとなるでしょう。

事業資金調達とビジネスローンの活用

ビジネスローンで借り入れするメリット
事業資金を民間のビジネスローンで借り入れするメリット
資金繰りを柔軟に出来る!
民間のビジネスローンを活用すれば
色々と可能になるメリットとは?
決算の内容が利率に与える影響とは?
決算の内容によって事業資金の利率も変わってくる
決算内容は融資条件を左右する!
決算の成績次第で事業資金の利率に
影響を与えてしまいます

銀行や公的融資で借りれない?
税金の未納がある場合は銀行や公的融資で事業資金を借りれない?
税金の未納は大いに不利!銀行や
公的融資の審査で良くない
税金未納の影響について
民間のビジネスローンと担保・保証人
民間のビジネスローンは担保・保証人は必要?
融資の審査でとてもやっかいな
担保と保証人その扱いは?民間の
ビジネスローンでの条件について

ビジネスローンの比較や申し込みはネット経由が便利

スピーディーな融資にこれは欠かせない!
ビジネスローンの比較と申し込みに
ネット経由が便利な理由について

ビジネスローンなら急な事業資金の調達にも対応できる

ビジネスローンなら急な事業資金の調達にも対応できる
資金繰りはスピードが命!
急な資金調達に対応可能な
ビジネスローンの有用性について

融資の条件
ビジネスローンのメリット
ビジネスローンの活用
事業資金を民間のビジネスローンで借り入れするメリット
New!
資金繰りを柔軟に!民間の
ビジネスローンを活用すれば
可能になるメリットについて

銀行から事業資金の借り入れをする際に担保は必要?
PicKup
銀行の事業資金借り入れで
可能ならば設定したくないけれど…
銀行融資と担保の必要性について

税金の支払いでビジネスローンを利用するという考えもある
Point
こんな活用法もあり!
ビジネスローンの納税での
活用法について