民間のビジネスローンは担保・保証人は必要? | 事業資金 借り入れ ビジネスローン


事業資金の借り入れのポイントは?
銀行や公的資金だけでは実現できない
柔軟な対応が可能なビジネスローンと
そのメリットについて解説しています。

民間のビジネスローンは担保・保証人は必要?

融資の際に、担保や保証人を求められる事が多いですが、この担保や保証人の設定はそれほど簡単なことではありません。

担保は不動産を中心とした資産で、融資金を返済できなくなった時にその設定された資産をかわりに債務の弁済とされます。保証人は融資を受けた債務者が、その融資金を返済できなかった場合に、保証人が代わりに肩代わりをするものです。

やはり企業の経営に重要な資産や、経営者の個人の資産などがいざというときに差し押さえられてしまうというのは、出来るならば避けたいと思うのが普通でしょう。また、保証人になるたいという人がいるわけもなく、なったとしてもしぶしぶなるものなので、依頼をするのも心苦しい場合が普通です。やはり担保や保証人は設定しなくても良いのであれば、それに越したことはありません。

民間のビジネスローンは普通は担保や保証人設定する必要がありません。民間のビジネスローンは手続きの負担が比較的に少なく、審査のスピードが早いこと、そして担保や保証人が必要が無い事がセールスポイントとも言えます。

また、逆に民間のビジネスローンでは、不動産の担保を付けることで、積極的にビジネスローンを活用するという選択肢も用意されてます。不動産を担保にすると、融資限度額が大きくなり、利率もかなり有利に設定できるようになり、より積極的な利用が可能になるのです。

担保や保証人を設定不要というメリットと、設定することで活用の幅が広がるというメリットなど、どのように活用していくのか、経営判断によって色々と幅があるというのも見逃せないメリットと言えます。

融資の条件
ビジネスローンのメリット
ビジネスローンの活用
事業資金を民間のビジネスローンで借り入れするメリット
New!
資金繰りを柔軟に!民間の
ビジネスローンを活用すれば
可能になるメリットについて

銀行から事業資金の借り入れをする際に担保は必要?
PicKup
銀行の事業資金借り入れで
可能ならば設定したくないけれど…
銀行融資と担保の必要性について

税金の支払いでビジネスローンを利用するという考えもある
Point
こんな活用法もあり!
ビジネスローンの納税での
活用法について