事業資金を民間のビジネスローンで借り入れするメリット | 事業資金 借り入れ ビジネスローン


事業資金の借り入れのポイントは?
銀行や公的資金だけでは実現できない
柔軟な対応が可能なビジネスローンと
そのメリットについて解説しています。

事業資金を民間のビジネスローンで借り入れするメリット

事業資金の融資といえば、銀行や公的融資が一般的ですが、最近では民間のビジネスローンを利用する経営者が増えています。その民間のビジネスローンで事業資金を調達するメリットとはどんなところにあるのでしょうか?

まず民間のビジネスローンは事業資金調達としては、大きな金額を借りることには向いていません。もし、大きな金額の融資を受けるなら、不動産などを担保に申し込みをする必要があります。その場合には融資限度額以外にも利率などでも有利な金額で利用できます。

一般的なビジネスローンの利用の際には、ある程度限られた金額の融資に利用されることになると思います。

何よりもビジネスローンを利用するメリットとしては、急な資金調達が必要になった場合にも、素早い融資を受けられるという事が言えます。通常銀行に借入を受ける際には2週間〜1ヶ月ほどの期間を要するのが普通ですが、審査の敷居が高いため、審査を通らずに融資を受けられないという危険性もあります。

それに対し、ビジネスローンは早いものでは午前中の申し込みで午後には融資を実行されるという即日融資が可能なサービスもあるくらいです。

また、通常銀行の事業資金調達では、その使途が明確なものにのみ融資の対象になりますが、多めに借りておく…という事が出来ません。銀行の融資は具体的に必要となるものでなければ借りれないため、企業の経営状況が変化して急に追加で資金が必要になった…という場合にも銀行は応じてくれなかったり、融資まで時間がかかったりするものです。

企業の経営においては、環境の急激な変化は普通に考えられるものですが、銀行融資や公的融資だけでは対応しきれない場合はおおいにありえます。そのような際に備え、銀行系か?ビジネスローンか?と二択で考えるのでなく、両方のメリットを上手に利用して、円滑に経営を行っていく事も必要になると思います。

融資の条件
ビジネスローンのメリット
ビジネスローンの活用
事業資金を民間のビジネスローンで借り入れするメリット
New!
資金繰りを柔軟に!民間の
ビジネスローンを活用すれば
可能になるメリットについて

銀行から事業資金の借り入れをする際に担保は必要?
PicKup
銀行の事業資金借り入れで
可能ならば設定したくないけれど…
銀行融資と担保の必要性について

税金の支払いでビジネスローンを利用するという考えもある
Point
こんな活用法もあり!
ビジネスローンの納税での
活用法について