決算の内容によって事業資金の利率も変わってくる | 事業資金 借り入れ ビジネスローン


事業資金の借り入れのポイントは?
銀行や公的資金だけでは実現できない
柔軟な対応が可能なビジネスローンと
そのメリットについて解説しています。

決算の内容によって事業資金の利率も変わってくる

銀行や公的資金などは、融資の申し込みの際に審査はなかなか厳しい物があり、審査で様々な書類の提出をしなければなりません。その中でも最も審査において重要な書類は決算書です。

企業は最低限でも、税務申告の際に決算書を提出する事になりますが、税務申告を焦点に考えると、決算の成績に比例して税額が大きくなるのが普通です。そのため、節税のために、出来るだけ利益が低くなるように施策を色々と施してしまいがちです。

融資において、決算書の成績に従って、企業の格付けがされ、融資すべきか?利率をどれくらいに設定すべきか?が決定されます。この場合、決算書は節税のために低めに算出された…などといった言い分は全く通らないので注意が必要です。審査においては決算書は適正な内容で作成されたものとされるので、融資を考えるのならば、決算書は適正な数値で行うべきでしょう。

決算書は、損益計算書で収益力などを中心に、貸借対照表では企業の財政状態を中心に分析されます。決算書からは財務分析によって企業の様々な数値で評価され、その評価を元に企業が格付けされて、利率が算定されるのです。

このように、決算書は融資が実行されるかどうかだけでなく、利率を決定する指標にもなる、非常に重要な書類です。決算書の成績が自信を持てるような内容であれば融資はかなり有利な条件で行われるでしょう。もし、そうでなければ、利率が不利なものになる、融資が行われないなどとなりえますし、より審査の通りやすい金融機関に融資を受ける候補が絞られてしまう可能性もあるのです。

融資の条件
ビジネスローンのメリット
ビジネスローンの活用
事業資金を民間のビジネスローンで借り入れするメリット
New!
資金繰りを柔軟に!民間の
ビジネスローンを活用すれば
可能になるメリットについて

銀行から事業資金の借り入れをする際に担保は必要?
PicKup
銀行の事業資金借り入れで
可能ならば設定したくないけれど…
銀行融資と担保の必要性について

税金の支払いでビジネスローンを利用するという考えもある
Point
こんな活用法もあり!
ビジネスローンの納税での
活用法について