税金の支払いでビジネスローンを利用するという考えもある | 事業資金 借り入れ ビジネスローン


事業資金の借り入れのポイントは?
銀行や公的資金だけでは実現できない
柔軟な対応が可能なビジネスローンと
そのメリットについて解説しています。

税金の支払いでビジネスローンを利用するという考えもある

業績が良い企業であれば、法人税にせよ所得税にせよ、その納税額は大きなものとなります。納税額が大きくなってくると、予定納税などの納税義務も発生し、その財源の確保も大変になってきます。

中小企業は、利益を出しているような黒字企業でも、普段の資金繰りはそんなに余裕で行っていくところはそんなに多くはないのでは無いでしょうか?普段の運転資金に現金を使用し、納税額が確定した時に、財源がなくて困った…ということだって考えられます。

決算期の締めが終わって、その後未収や未払の請求書などを元に決算が確定されるので、決算が確定し税務申告が終わった時には、納期まではそれほど猶予がありません。納税額が予想以上に高くなってしまった時、資金繰りの予想も超えて財源が無いとなったとき、すぐに資金調達をする必要がありますが、審査に長い時間を要する融資ではとても間に合いません。

このような場合には、迅速に審査を行ってくれるサービスを利用したほうがよいでしょう。審査が早く事業資金を融資してくれるのは、民間のビジネスローンが最適と言えます。

このような場合、納税額が大きいという事は、決算における利益が大きいという事になるので、その収益力が高いという事は融資の審査の際に有利になるアピールポイントになりますので、審査に通る確率も高いでしょう。民間のビジネスローンは即日融資を謳うものもあり、審査から融資までかなりスピーディーに行われるので、猶予があまりない場合の融資にはとても柔軟に対応してくれるので、このような場合にも十分間に合わせる事ができるでしょう。

融資の条件
ビジネスローンのメリット
ビジネスローンの活用
事業資金を民間のビジネスローンで借り入れするメリット
New!
資金繰りを柔軟に!民間の
ビジネスローンを活用すれば
可能になるメリットについて

銀行から事業資金の借り入れをする際に担保は必要?
PicKup
銀行の事業資金借り入れで
可能ならば設定したくないけれど…
銀行融資と担保の必要性について

税金の支払いでビジネスローンを利用するという考えもある
Point
こんな活用法もあり!
ビジネスローンの納税での
活用法について