税金の未納がある場合は銀行や公的融資で事業資金を借りれない? | 事業資金 借り入れ ビジネスローン


事業資金の借り入れのポイントは?
銀行や公的資金だけでは実現できない
柔軟な対応が可能なビジネスローンと
そのメリットについて解説しています。

税金の未納がある場合は銀行や公的融資で事業資金を借りれない?

税金の未納がある場合に銀行や公的資金の融資の審査への影響はあるのでしょうか?

まず、企業として期限内に納税することは最低限やるべきことです。その納税をしていないというのは、企業活動としての最低限の基本を怠っているという状態です。納税は社会的な最低限の義務なので、それを怠っているという事は、相当に印象が悪くなってしまうのは当然と言えます。

税金を納めていないというのは、資金が不足しているなどと考えられ、資金繰りは少なくともうまく言っている状態には無いという事が容易に想像されます。そういった資金繰りの状態では、融資をする側にしても融資金の回収はおぼつかないような状況になることが危惧されます。滞納すれば延滞税なども加算されたりなどするため、通常ならまず税金の延滞は避けるようにするのが普通ですが、それが出来ないほど苦しい状況にも見えます。

銀行や公的融資の審査では、審査の際に納税証明書の提出が求められます。その際に納税証明書を提出出来ないという事は、最低限の義務を怠っている状態と知られることになります。つまり、納税を怠っているという状態は隠すことが出来ない事になります。

そして、やはり税金を滞納しているという事は、銀行や公的融資の審査においては断然不利な状態になっていまうのです。

納税をしっかりと行うということは、融資を受けるための最低限の条件といえるので、融資が必要と考えるのならば、納税義務はしっかりと果たしておきましょう。

融資の条件
ビジネスローンのメリット
ビジネスローンの活用
事業資金を民間のビジネスローンで借り入れするメリット
New!
資金繰りを柔軟に!民間の
ビジネスローンを活用すれば
可能になるメリットについて

銀行から事業資金の借り入れをする際に担保は必要?
PicKup
銀行の事業資金借り入れで
可能ならば設定したくないけれど…
銀行融資と担保の必要性について

税金の支払いでビジネスローンを利用するという考えもある
Point
こんな活用法もあり!
ビジネスローンの納税での
活用法について